百年経ったら - amazarashiの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

amazarashi
公式サイト
百年経ったら  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

眠りから覚めても動けない身体
病み上がり 人らしき人以下に成り下がり
価値のない物に価値を付け
価値観とうそぶくものに 支払いの義理はない

世界は酔っぱらい へらへら回るけど 戦闘機
暴力と言葉が釣り合えば

ビル風に寝転んで 百年経ったら起こして
土には還れぬもの達と添い寝して
裏庭の堅い実が 真っ赤になったら教えて
この夏の訪れを そよ風に言付けて
空を越え

故郷が嫌い 雪が積もるの嫌い
思い出と心中するつもりもないし
夕凪の静寂 耳を澄ます海に
あの娘が育った町だから そこは好き

世界一嫌いな人間と 世界一大事な人間を
一人しか救えない

だとしても迷うだろう そういうもんだ 人として
良心があってこそ 良心が傷むのだ
裏庭の堅い実が 真っ赤になったら教えて
この夏の訪れを そよ風に言付けて
空を越え

荒廃したこの土地で もう生きていけないから
ノアの箱船的宇宙船 炎を吐く飛行機雲

みんな 地球を出て行った

僕はそれに 手を振った
さよなら

この町が燃え尽きて 百年経ったら起こして
土には還れぬもの達と添い遂げて
裏庭の堅い実が 真っ赤になったら教えて
この夏の訪れを そよ風に言付けて

空を越え


ミニ情報
アルバム「世界収束二一一六」収録曲
amazarashiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
百年経ったら/amazarashiの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ