さくら amazarashi 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

amazarashi
公式サイト
さくら  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

その時の僕らはといえば ビルの屋上で空を眺めているばかり
バイトを抜け出し 汗と埃にまみれた 取り留めのない夢物語
互いに抱えてるはずの ちゃちな不安は 決して口には出さない約束
中央線が高架橋の上で おもちゃみたいに カタカタ なった

なぁ 結局僕らは正しかったのかな? あんなに意地になって
間違ってなんかいないって やれば出来るって
唇噛み締めて夜に這いつくばって
その闇の中で言葉にならない嗚咽のような叫びは
千川通りで轢かれていた カラスの遺体みたい 痛い 痛い

ふざけんな ここで終わりになんかすんな 僕等の旅を「青春」なんて 名づけて過去にすんな
遠ざかる足音に取り残された 悔し涙は絶対忘れないよ
踏みつけられたフライヤー拾い集める 代々木公園も気付けば春だった
苦笑いの僕等 舞い落ちる



日当たりが悪くなるから 窓の外にある大きな木が嫌いだった
春になって 花をつけるまで 僕はその木が 嫌いだったんだ
今になってはどうでもいい話だけれど なんかちょっとだけ後悔してるんだ
ほんとにどうでもいい話だったかな ごめんな

駅前のロータリー 夕焼けが悲しい訳を ずっと 考えていたんだ
終わるのが悲しいか それとも始まるのが悲しいか 街灯がそろそろと灯りだした
つまりは 終わりも始まりも同じなんだ だったらこの涙に用はない さっさと 失せろ
胸がいてーよ いてーよ

一人の部屋に 春一番の迷子 二人で選んだカーテンが揺れてます
どうせなら 荷物と一緒に この虚しさも運び出してくれりゃ良かったのに
何もなかったように僕は努める 最後に君が干してった洗濯物
なんでもなく 張り付いた



過ぎ去った人と 新しく出会う人 終わりと始まりで物語りは進む
だとしたら それに伴った悲しみさえ 生きていく上でのルールだから
投げ捨ててきた涙拾い集めて 今年も気付けば春だった
僕は 歌う 歌う 歌う

さくら さくら 今でも さくら さく 消えない
さくら さくら 僕等の さくら さく 物語


ミニ情報
アルバム「アノミー」収録曲
アルバム「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」収録曲
アルバム「メッセージボトル」収録曲
amazarashi「さくら」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
amazarashiの人気曲 この歌手の人気曲一覧

名前♪君の名前はなんだっけ?
隅田川♪面映い思い出一つ 紐解く手が震えています
風に流離い♪「彼女に振られたんですよ」
匿名希望♪バイトに向かう電車の中で
空に歌えば♪虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで
ジュブナイル♪自分嫌いな少年少女 ありがとうじゃ満たされぬ今日も
穴を掘っている♪穴を掘っている 人生どこで間違えた
つじつま合わせに生まれた僕等♪遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水が湧いた
無題♪木造アパートの一階で
コンビニ傘♪冷笑の365日にずぶ濡れの

amazarashiの新曲 この歌手の新曲一覧

ワードプロセッサー♪遮光粘膜に囚われて 能動性が切断された感性を
空洞空洞♪耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる
フィロソフィー♪辛くて悔しくて まったく涙が出てくるぜ
水槽♪車両基地のレールが 喘息みたいに軋む音がして
ハルキオンザロード♪僕らの別れは最初から決まっていた
悲しみ一つも残さないで♪汽笛が鳴れば素っ気なく
バケモノ♪彼は化け物 嘘を食らう獣
リタ♪君が出てくならそれでいいよ
ぼくら対せかい♪モールの駐車場で花火してはしゃいでいる若い親子連れ
空に歌えば♪虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ