冬の魔女の消息 感傷ベクトル 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

冬の魔女の消息  ♪  感傷ベクトル
作詞 : 田口囁一
作曲 : 田口囁一

絶えず続く雪の中 音もない森に独り
その身に宿る蒼い温度は 自ら凍てつく悲鳴

迷子 抱き上げる腕
熱 …温もり
偽りの日々でも続くなら そばにいてと

なのに
独りよりもこの胸は痛みを
増していくの

それなら、気付いて
こんな 私に気付いて

別れはそう 突然に
あなたの背を見送って

ただ 一つ出来ること
雪のように消えるだけ

二度と触れ得ぬその肌の温度と
引き替えに私の胸には
紅が宿るの

やがて春が訪れるこの森でも
あなたは 思い出してくれる?

孤独な冬の魔女の行方を


ミニ情報
アルバム「one+works」収録曲
感傷ベクトルの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
感傷ベクトル「冬の魔女の消息」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ