籠の鳥 野中彩央里 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

野中彩央里
公式サイト
籠の鳥  ♪  野中彩央里
作詞 : 仁井谷俊也
作曲 : 徳久広司

十年一緒に 暮らしても
こころ通わぬ 男(ひと)もいる
たった一度の しのび愛
忘れられない 恋もある
逢いたくて逢えなくて あふれる涙
女…哀しい 籠の鳥

やさしい男に 添い寝して
ほかの男を 想う夜
罪と世間に 云われても
肌に消えない あの温(ぬく)み
恋しさにせつなさに この身も細り
焦がれ啼きする 籠の鳥

誰かに隠せば 隠すほど
熱い情念(ほのお)は 燃えあがる
今日も愛しい あの胸に
強く抱かれる 夢をみる
ときめいてゆらめいて 月みる窓辺
女…翔べない 籠の鳥


野中彩央里「籠の鳥」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
野中彩央里の人気曲 この歌手の人気曲一覧

忘れ雪♪寄り添うふたりの 肩に舞う
海鳴りの宿♪あなたの写真 引き裂けば
名瀬の恋風♪名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は
籠の鳥♪十年一緒に 暮らしても
郡上恋唄♪郡上八幡 おんなが燃える
秋螢-あきほたる-♪一人旅して 来たはずなのに
おりおりの酒♪髪をおろして 足袋を脱ぐ

野中彩央里の新曲 この歌手の新曲一覧

忘れ雪♪寄り添うふたりの 肩に舞う
籠の鳥♪十年一緒に 暮らしても
名瀬の恋風♪名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は
おりおりの酒♪髪をおろして 足袋を脱ぐ
海鳴りの宿♪あなたの写真 引き裂けば
秋螢-あきほたる-♪一人旅して 来たはずなのに
郡上恋唄♪郡上八幡 おんなが燃える

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ