郡上恋唄 野中彩央里 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

野中彩央里
公式サイト
郡上恋唄  ♪  野中彩央里
作詞 : 加藤市平
作曲 : 徳久広司

郡上八幡 おんなが燃える
年に一度の 春駒おどり
旅のみやげに おまえをつれて
帰りたいよと 言った人…
逢いにいつ来る いつまた逢える
もうすぐ城山 蝉しぐれ

郡上水舟 つかった産湯
男知らずが 初めて惚れた
遠く泣くなよ 笛の音聴けば
つらい別れが また浮かぶ…
あなた恋しい いつまた逢える
胸からやつれる 恋おんな

郡上祭りの ぼんぼり灯し
水に映した 契りの宿よ
袖でなみだは 拭えるけれど
忘れられない 面影が…
逢いにいつ来る いつまた逢える
もうすぐ秋風 吉田川


野中彩央里「郡上恋唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
野中彩央里の人気曲 この歌手の人気曲一覧

名瀬の恋風♪名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は
②郡上恋唄♪郡上八幡 おんなが燃える
海鳴りの宿♪あなたの写真 引き裂けば
秋螢-あきほたる-♪一人旅して 来たはずなのに
おりおりの酒♪髪をおろして 足袋を脱ぐ
籠の鳥♪十年一緒に 暮らしても
忘れ雪♪寄り添うふたりの 肩に舞う

野中彩央里の新曲 この歌手の新曲一覧

忘れ雪♪寄り添うふたりの 肩に舞う
籠の鳥♪十年一緒に 暮らしても
名瀬の恋風♪名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は
おりおりの酒♪髪をおろして 足袋を脱ぐ
海鳴りの宿♪あなたの写真 引き裂けば
秋螢-あきほたる-♪一人旅して 来たはずなのに
郡上恋唄♪郡上八幡 おんなが燃える

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ