秋螢-あきほたる- 野中彩央里 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

野中彩央里
公式サイト
秋螢-あきほたる-  ♪  野中彩央里
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 徳久広司

一人旅して 来たはずなのに
いつか未練と二人連れ…
一軒宿の 湯舟の窓に
季節はずれの 秋螢
恋の残り火 消せないままの
私を見るよで つらくなる

思い出すのは 良いことばかり
思い切ろうと つとめても…
お前も同じ 叶わぬ恋に
きっと身を灼く 秋螢
聴いて呉れるか 女の愚痴を
私の心が 読めるなら

愛にさよなら 出来ない内は
どこへ行こうと 同じこと…
一軒宿へ 哀しみ置いて
旅に出るやら 秋螢
胸の未練火 涙で消して
私も笑顔で発つつもり


野中彩央里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
野中彩央里「秋螢-あきほたる-」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ