鎌倉恋歌 - 三代沙也可の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 三代沙也可
公式サイト

鎌倉恋歌

 ♪ 

三代沙也可

作詞 : 志賀大介
作曲 : 伊藤雪彦

行けば涙に なるだけと
知りつつ来ました 鎌倉へ
死ぬほど惚れて 死ぬほど燃えた
あの日あの夜が ここにある
八幡さまの だんかずら
あゝ しずやしず
静御前の雨が降る

季節外れの あじさいが
口紅色した 雨になる
寂しさ連れて 切なさ連れて
小町通りを 歩きます
おもいで拾い 集めても
あゝ 恋しさが
指の先から零(こぼ)れます

遠い波音 由比ヶ浜
わたしの恋歌 届けてよ
あなたで生きて あなたで終わる
こんな一途な おんなです
鎌倉彫りの 手鏡に
あゝ しずやしず
写す望みのあした傘


三代沙也可の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
江ノ島ひとり〜歌謡浪曲入り〜
恋文しぐれ
札幌ラプソディ
倖せの花
白い花のタンゴ
アカシアの下で
夢蕾
あなたの女
ふたり舟
貴船川
鎌倉恋歌/三代沙也可の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ