無心の歌 GRAPEVINE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRAPEVINE
公式サイト
無心の歌  ♪  GRAPEVINE
作詞 : 田中和将
作曲 : 亀井亨

きみが苛立っていたのを
吐き出してないものを
預かっているのは他の誰でもない

凍えるように膝を抱えて
外の世界を爪で引っ掻いていた
遠くの未来に押し潰されてしまう
あまりにも
あまりにもかけがえのない

きみが指差していたもの
間違っちゃいないのかも
誰が信じてあげなきゃいけなかったんだ?

木漏れ日が今きみを照らしていた
溢れるように鼓動が聞こえていた
ただの未来がこれほど愛おしいのか
教えておくれ
おれは今何を云おう

教えておくれ

どんな面をしてせめて裏切らないと
云わせておくれ
それだけは途切れぬよう


ミニ情報
アルバム「愚かな者の語ること」収録曲
GRAPEVINEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GRAPEVINE「無心の歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ