無心の歌 歌詞 / GRAPEVINE

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > GRAPEVINE > 無心の歌

GRAPEVINE「無心の歌」のジャケット画像

無心の歌

歌手:GRAPEVINE
作詞:田中和将
作曲:亀井亨

きみが苛立っていたのを
吐き出してないものを
預かっているのは他の誰でもない

凍えるように膝を抱えて
外の世界を爪で引っ掻いていた
遠くの未来に押し潰されてしまう
あまりにも
あまりにもかけがえのない

きみが指差していたもの
間違っちゃいないのかも
誰が信じてあげなきゃいけなかったんだ?

木漏れ日が今きみを照らしていた
溢れるように鼓動が聞こえていた
ただの未来がこれほど愛おしいのか
教えておくれ
おれは今何を云おう

教えておくれ

どんな面をしてせめて裏切らないと
云わせておくれ
それだけは途切れぬよう


アルバム「愚かな者の語ること」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

GRAPEVINEの人気歌詞

1 冥王星SFはもう流行しないの? ナンセン
2 ぼくらならからの心なら ただの体なら 馬鹿
3 会いにいく歩き回って 探してて 見つけたも
4 その未来たった今その声が聴こえたような
5 BLUE BACKアメリカの真似 絵になってる 鼻
6 Everyman, everywhere例えばぼくらは 戻れない所まで
7 放浪フリークそれさえあれば何もいらない き
8 FLY宇宙船値札付き なら甲州街道で
9 エピゴーネンどっかでそう思ってたんだ いつ
10 大脳機能日「どう? やってる?」 「居直っ
GRAPEVINEの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.