バルーン 大知正紘 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

大知正紘
公式サイト
バルーン  ♪  大知正紘
作詞 : 大知正紘
作曲 : 大知正紘

割と人当たり良く見られては 本当の自分だけ話せないで
期待の枝にひっかかって 服までズタボロにされている
未来はどっか上の空 日は沈んだり昇ったり まわり続けてく

僕らが選んだ道の先 例え何が待っていたって
膨らんだこの気持ち とばせとばせとばせ
星の降る夜にはじけたら 中に詰めた自分撒き散らせ
見知らぬ誰かに届く日まで とばせとばせとばせ

結局代わりの居る僕だって 思い知らされる度怖くなる
似たような色が集まって 存在価値を確かめ合ってる
未来は案外 土の中 雨が降ったり止んだり 目覚めを待ってる

僕らが選んだ道の先 例え何が待っていたって
傷付いたこの身体 とばせとばせとばせ
都会のビルを交わし続けるよ 信じた自分だけ撒き散らせ
君の心に届くその日まで

誰にも気付かれないような 場所で僕ら傷付きながら
何度となく君を想って 遠く高くあの場所へ
終わりなんかないさ 君と今日もこんな日々の中で
寄り添い合って 旅の支度とキスをして
その熱で明日を泳いでく

僕らが見下ろした街並みに 気付かれないように手を振ったなら

時間が流れていくスピードで 君まで変わってしまわぬように
くだらないこの時を とばせとばせとばせ
立ち並ぶビルの隙間ぬったら 東の空から夜は終わる
僕らに降り注いでく光
愛して愛して愛して とばせとばせとばせ


ミニ情報
アルバム「ONE」収録曲
大知正紘の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
大知正紘「バルーン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ