越前 雪の宿 真咲よう子 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

真咲よう子
公式サイト
越前 雪の宿  ♪  真咲よう子
作詞 : 池田充男
作曲 : 伊藤雪彦

竹がはじけて 雪がちる
胸が泣きます しくしくと
つらい つらいの どうすりゃいいの
思い切れずに また一夜
明かす越前 恋の宿

そっとあなたの 手を握り
熱い私の 胸におく
聞いて ください おんなの声を
死ねと言われりゃ その覚悟
できていますわ はじめから

なにも無かった 朝のよに
罪をうずめて つもる雪
あなた おねがい 呼びとめないで
二度と解かない みれん帯
しめて踏み出す 竹の径(みち)


真咲よう子「越前 雪の宿」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
真咲よう子の人気曲 この歌手の人気曲一覧

あじさいの雨♪雨に滲(にじ)んだ 街灯り
箱根 おんな宿♪一夜(ひとよ)かぎりの
金沢待宵月♪水もやさしい 友禅流し
ふたたびの恋♪♠ あなたの愛を
大江戸なごり花♪濁(にご)り水から 淡紅(うすべに)ぼかし
露草♪夜の暗さに つまずきながら
⑦越前 雪の宿♪竹がはじけて 雪がちる
一筆まいらせ候♪逢いたくて死にそうよ
秋桜の宿♪すきなお酒で 酔わされて
お別れ波止場♪二人で暮らした 港町 やっと掴んだ

真咲よう子の新曲 この歌手の新曲一覧

冬のあじさい♪愛した人は この世でひとり
熱燗♪おちょこふたつに 注ぐ酒は
つれそい花♪苦労ばかりで すまないと
波の華♪雪降る中を 蛇の目の傘で
哀愁・嵯峨野路♪愛しても結ばれぬ 恋の苦しさに
お別れ波止場♪二人で暮らした 港町 やっと掴んだ
箱根 おんな宿♪一夜(ひとよ)かぎりの
名古屋ブルース♪遊びなれてる 人なのに
秋桜の宿♪すきなお酒で 酔わされて
一筆まいらせ候♪逢いたくて死にそうよ

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ