思惑と罠 - 椿屋四重奏の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

思惑と罠-椿屋四重奏
Jword 椿屋四重奏
公式サイト
思惑と罠  ♪  椿屋四重奏
作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

気がつけば 夜が彷徨い始めてる
何食わぬ顔で 君を連れ出すのさ

まだその瞳には
迷いが映らない
このまま俺の罠にかかれ

帰れない ほらどうしようか
二人は頭が真っ白で
しょうがないから 寄り添って
心臓の音が波打った
問題なんてないよ
そうなってしまえよ

次々と そばを走り抜ける光に
照らされた君の 後ろめたい横顔

まだその胸元へ
入り込む余地あり
今から君の思惑通り

騙す男のふり見て 演じきる女
結末は誰も知らない 敢えて委ねた
今を 現在を 求め

帰れない ほらどうしようか
二人は頭が真っ白で
しょうがないからと迫って
心臓の音が波打った

帰れないほど末期だって
迷いの鎖はとっぱらった
感じな ほら感じなって
他に選ぶ余地なんて無いさ

問題なんてないよ
そうなってしまえよ


ミニ情報
アルバム「孤独のカンパネラを鳴らせ」収録曲
椿屋四重奏の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ロスト・チルドレン
マテリアル
ロンサム
LOOK AROUND
NIGHTLIFE
ブランケット
red blues
流星群
漂流
ブライテスト・ダークネス
思惑と罠/椿屋四重奏の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ