流星群 椿屋四重奏 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

椿屋四重奏
公式サイト
流星群  ♪  椿屋四重奏
作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

感じたままに伝えて
君が見とれていた景色

月明かりの差す部屋で
同じ様なつくりの愛を重ね

手繰り寄せるように僕を呼ぶ
君のその瞳には

誰かの手にした奇跡ではなくて
君だけが知る喜びが映ってた
僕が望むのはそれだよ

見上げた夜空は輝きを増して
柔らかな光が君を包んでく
それが何よりも綺麗だった

心は既にほどけて
自在に互いを繋いだ

日が落ちても気付かずに
明かりも点けないほど夢中で

ときに囚われる僕のそばで
君は何もいとわず

求めるだけ嘘のようで
はじめからあるはずないと
笑い飛ばしごまかしては
諦めてたけど

誰かの手にした奇跡ではなくて
君だけが持つ喜びが映ってた
僕が欲しいのはそれだよ

ふたりで夜空を泳いだ
星屑のしぶきを身体に浴びて光ってる
それが何よりも綺麗だった

誰かの手にした奇跡ではなくて
君だけが知る喜びが映ってた
それが何よりも綺麗だった


ミニ情報
アルバム「孤独のカンパネラを鳴らせ」収録曲
椿屋四重奏の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
椿屋四重奏「流星群」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ