red blues - 椿屋四重奏の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

椿屋四重奏
公式サイト
red blues  ♪  椿屋四重奏
作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

求めてしまうのさ
赤い肌の街に削られ
いくつも無くしたけど

必ずつかまえて
俺にからみつく虚しさに
花添えて燃やすのさ

今も鳴り響く 女の捨て台詞が
えらく胸にもたれて
後味が悪いぜ

抜け道を探し 常に我関せず
時代の柵に囲われ
並ばされないように

仕掛けてかわされて
がらくたの中に夢あさり
飢えた野良犬のように

忘れてしまいたい
お前の体で埋め尽くし
この目を塞いでくれよ

寂しげな月の溜息で濡れた
夜が俺を許してくれる
言葉も交わさず ただ身を任せて
ぶつけあう

叩き付けるような 雨音がわめいて
グラスにわずかなウイスキー
飲み干して寝転ぶ

口先ばかりで 知ったような顔した
あいつらは嘘だらけ
指図など受けない

気安く触るなよ
俺が辿り着いた答えに
傷ひとつつけるなよ

孤独に戯れて
何も変わらない白黒の
砂利道に風が吹く

求めてしまうのさ
赤い肌の街に削られ
いくつも無くしたけど

必ずつかまえて
俺にからみつく虚しさに
花添えて燃やすのさ

叩き付けるような 雨音がわめいて
グラスにわずかなウイスキー
飲み干して寝転ぶ


ミニ情報
アルバム「孤独のカンパネラを鳴らせ」収録曲
椿屋四重奏の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
red blues/椿屋四重奏の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ