ノクトビジョン - 超飛行少年の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

超飛行少年
公式サイト
ノクトビジョン  ♪  超飛行少年
作詞 : 小林光一
作曲 : 小林光一

明かりを落として足音を待った
見えない自由が通り過ぎていく
日常という錆びた鉄格子
慣れない匂いさ

最高な瞬間が一つあって
説明は出来ないこの感情が
探し物はすぐそこにあるという

いまさらという錆びた鉄格子
日付が変わる前に抜け出そう
合鍵を持って助けに来るんだ
本当の自分が

サーモグラフィーのディスプレイに映った
説明は出来ないこの感情が
存在を証明してる今日も生きてる

夢みたいだこんな感覚は
暗闇を一瞬で切り裂いて
こっちだって手招きしているんだ

探し物はすぐそこにあるという


ミニ情報
アルバム「ハイパーフライングボウイ」収録曲
超飛行少年の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ノクトビジョン/超飛行少年の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ