いで湯の宿 鏡五郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鏡五郎
公式サイト
いで湯の宿  ♪  鏡五郎
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 久保進一

湯舟に浮かぶ 三日月を
手桶で掬(すく)い 湯を浴びる
きれいな肌で 抱かれたい
最後なら…
もう戻れない 元の二人に
いで湯の宿

障子の陰の 虫の音(ね)は
私の胸の しのび泣き
浴衣の袖を 押し当てて
乱れたら…
もう見られない 夢の続きは
いで湯の宿

別れの朝は 明けたのに
袂(たもと)とに隠す 時刻表
汽笛はここで 聴くつもり
辛いから…
もう戻れない 元の二人に
いで湯の宿


鏡五郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鏡五郎「いで湯の宿」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ