伊豆の渡り鳥 - 鏡五郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 鏡五郎
公式サイト
伊豆の渡り鳥  ♪  鏡五郎
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 瀧升

縞の合羽に 振り分け荷物
時雨凌(しの)ぎの 三度笠
生まれ在所の 修善寺避(よ)けて
天城鵜は 脇道三里
わざと伊豆路を
わざと伊豆路を 遠まわり

湯の香湯ケ島 打たせ湯浴びて
洗い流そか 流転ぐせ
いまも待つやら 峠の茶屋で
天城椿は 別れた女(ひと)を
想い出させる
想い出させる 紅化粧

河津七滝(かわづななだる) 流れる水は
先を急いで 相模灘(さがみなだ)
義理があっての 下田じゃないが
天城時雨が 追い付く前に
せめて着きたい
せめて着きたい 渡り鳥


鏡五郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
おまえの涙
俺は浪花の暴れん坊
花火師かたぎ
日本一じゃ惚れてみろ
鏡川
あじさいの宿
黒髪しぐれ
津軽夫婦節
惚れて道づれ
清水の次郎長
伊豆の渡り鳥/鏡五郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ