清水の次郎長 - 鏡五郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

清水の次郎長-鏡五郎
Jword 鏡五郎
公式サイト

清水の次郎長

 ♪ 

鏡五郎

作詞 : 古川ゆう子
作曲 : 今澤雅一

富士を背にして 清水を起てば
ひとり残した お蝶に詫びる
三保の松原 潮風吹けば
草鞋(わらじ)に砂の 駿河湾
時雨街道 旅すがた

「大政、仕度はいいか?
お蝶、船宿末廣(すえひろ) あとをたのむぞ…」

あれが清水の 次郎長一家
縞の合羽に 振り分け荷物
菅笠(すげがさ)深く 足並揃え
街道一の いい男
風に追われて 東海道

義理だ仁義と 世間を渡り
幕末維新 その名を残す
腰の長脇差(ながどす) 背中に廻し
富士の山麓 開墾へ
清水の次郎長 國づくり


鏡五郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
おまえの涙
俺は浪花の暴れん坊
花火師かたぎ
日本一じゃ惚れてみろ
鏡川
あじさいの宿
黒髪しぐれ
津軽夫婦節
惚れて道づれ
忠臣蔵・堀部安兵衛
清水の次郎長/鏡五郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ