岩佐美咲「石狩挽歌」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 岩佐美咲 > 石狩挽歌 歌詞

石狩挽歌 / 岩佐美咲
amazon検索

「石狩挽歌」歌詞

歌手:岩佐美咲
作詞:なかにし礼
作曲:浜圭介

海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で
わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
破れた網は 問い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボーロロー
沖を通るは 笠戸丸
わたしゃ涙で
ニシン曇りの 空を見る

燃えろ篝火 朝里の浜に
海は銀色 ニシンの色よ
ソーラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
オモタイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボーロロー
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で
娘ざかりの 夢を見る


岩佐美咲の歌詞ランキング

岩佐美咲の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(3:03更新)

1 追い風SHE'S
2 HY ♡ SUMMERHY
3 ALL FOR YOU安室奈美恵
4 ビューティフルSOPHIA
5 Mr.ゴミ人間ZOMBIE
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.