無人駅 歌詞 / 岩佐美咲

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 岩佐美咲 > 無人駅

岩佐美咲「無人駅」のジャケット画像

無人駅

歌手:岩佐美咲
作詞:秋元康
作曲:久地万里子

列車の窓に
北の岬
ぼかすように雪が降る
あの人を忘れられたら
この旅は終わるのに…

初めての夜は
愛しさを知って
最後の
朝には
涙 知った

私なんか
いなくなっても
そう誰も
気づかない
気づかれない
途中下車するのは
無人駅

重い車輪が
動き出して
胸の奥が軋み出す
悲しみを見知らぬ街に
置き去りにしたかった

凍える指が
ぬくもりを探す
重ねた掌(てのひら)
思い出した

白い息が
雪と一緒に
語るだけ
愛したい
愛されたい
名前さえも知らぬ
無人駅

私なんか
いなくなっても
そう誰も
気づかない
気づかれない
途中下車するのは
無人駅


アルバム「美咲めぐり〜第2章〜」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

岩佐美咲の人気歌詞

1 無人駅列車の窓に 北の岬 ぼかすように
2 ヘビーローテーション〈演歌バージョン〉ポップコーンが 弾けるように 好
3 翼をくださいいま私の願いごとが かなうなら
4 帰郷〈岩佐美咲バージョン〉どこまでも続く 一本の道を 久し
5 瀬戸の花嫁瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなた
6 もしも私が空に住んでいたら人目忍んだ道に疲れ果て 隠し通
7 フライングゲット〈演歌バージョン〉Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
8 津軽海峡・冬景色上野発の夜行列車 おりた時から
9 あじさい橋遠くに ゆっくりと 梅雨(つゆ)が
10 鞆の浦慕情冷たい風 雲を筆にして 墨絵のよ
岩佐美咲の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.