岩佐美咲「ふたりの海物語<岩佐美咲バージョン>」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 岩佐美咲 > ふたりの海物語<岩佐美咲バージョン> 歌詞

岩佐美咲「ふたりの海物語<岩佐美咲バージョン>」のCDジャケット
Amazonで見る

ふたりの海物語<岩佐美咲バージョン>

歌手:

岩佐美咲


作詞:SANYO
作曲:SANYO

砂に描いた想い残して
風が誘うままに行きます
水面染める金の富士山(ふじやま)
静かに揺れています

他人(だれか)の声にふり向き
思い出たどる街
面影 探して

恋しくて
恋しくて
ひとり涙に濡れた夜は
愛しくて
瞳閉じれば
ふたり
海物語

いつか光させばいいと
今はひたすらに願います
波に消えた淡い想いは
儚い泡のようで

初めて肩を並べた
この道 ひとりきり
我儘 いまさら

逢いたくて
逢いたくて
あの優しさに逢いたくて
嗚呼せめて
夢でいいから
ふたり
海物語

もう一度
もう一度
指に温もりが戻るなら
寂しさも
耐えてみせます
だから

恋しくて
恋しくて
ひとり涙に濡れた夜は
愛しくて
瞳閉じれば
ふたり
海物語

「ふたりの海物語<岩佐美咲バージョン>」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

岩佐美咲の人気歌詞

1 瀬戸の花嫁瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁に行くの
2 北の宿からあなた変りはないですか 日毎寒さがつのります
3 まちぶせ夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う
4 千本桜大胆不敵にハイカラ革命 磊々落々反戦国家
5 大阪ラプソディーあの人もこの人も そぞろ歩く宵の街
6 鯖街道小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
7 ごめんね東京北へと向かう未練列車を 乗り継ぎながら女が一人
8 川の流れのように知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば
9 初酒生きてりゃいろいろと つらいこともあるさ
10 履物と傘の物語 <岩佐美咲バージョン>ある田舎の駅の近く 2つの店が並んでました
岩佐美咲の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

あの夢をなぞって / YOASOBI
あの夢をなぞって
YOASOBI

♪夜の空を飾る綺麗な花 街の声を
夜に駆ける / YOASOBI
夜に駆ける
YOASOBI

♪沈むように溶けてゆくように 二
津軽山唄 / 細川たかし
津軽山唄
細川たかし

♪イヤー イディアー 津軽 津軽富
RUN / Sexy Zone
RUN
Sexy Zone

♪夜明けの風に吹かれて どこまで
IZANAGI / 桜men feat. 多和田任益
IZANAGI
桜men feat. 多和田任益

♪褪せぬ 誓いは大空を舞い 忍びの
through the dark / 安田レイ
through the dark
安田レイ

♪静まる街1人歩くの 思い出の中を
星影のエール / GReeeeN
星影のエール
GReeeeN

♪泣いて 生まれて 響く命 きっと
BANG BANG / HAN-KUN
BANG BANG
HAN-KUN

♪Bang Bang この音にかなりやられ
One / SHE'S
One
SHE'S

♪息をするように 躓く日々に エン
present.
VALSHE

♪夢は夢だと言い聞かせて 見えな
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.