やなぎなぎ「helvetica」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > やなぎなぎ > helvetica

やなぎなぎ「helvetica」のジャケット画像

helvetica

歌手:やなぎなぎ
作詞:やなぎなぎ
作曲:やなぎなぎ


さらさら
星の砂遡る
酸素が散り手折れた花の名
忘れた 興味ごと捨ててきた
分からない もう文字は読めない

愛したとして
何が応えてくれるというの

正しい言葉さえどこにも
残らない もうない
等間隔美しく並ぶhelvetica
狂い出した今

明るい窓辺に添えた花 見てた
この手で影つくったなら
たちまち枯れてしまうだろうか
そんなこと
考えてしまうから

愛したとして
何が応えてくれるというの

正しい言葉さえどこにも
残らない もうない
等間隔美しく並ぶhelvetica
狂い出してゆく

愛しい 失う
残らない どこにも
言葉さえ
積み重ねた
残らない
散り散りに
花の色も
鮮やかな 忘れてく 並ぶ
もう 無い 自分の感情も
等間隔
美しく
helvetica
狂い出したまま

アルバム「エウアル」収録曲
アルバム「memorandum」収録曲


「helvetica」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

やなぎなぎの人気歌詞

やなぎなぎの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.