cinema staff「望郷」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > cinema staff > 望郷

cinema staff「望郷」のジャケット画像

望郷

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff

灯りを消したのは時計の針が二時を越えたあたり。
ため息の数だけディスプレイに映し出される虚構。
忘れ物が何かということすら忘れてしまったな。
星降る夜なのに、窓の外を見ることも無く眠る。

その孤独と手を取り合うあなたはとても美しい。
でも、未来と手を取り合うあなたは更に美しいでしょう。

灯りを点けたのは時計の針が四時を越えたあたり。
21号にはまだ静けさが残り車も無い。

さあこれから僕は行くよ。あの坂道を越えていくよ。
そのままあとに続け。理由なんて最後に探せるよ。探せるよ。

もうすぐ朝は来るよ。間違いなく朝は来るよ。
そうしたらあなたは、手を離しても歩いていけるだろう。
行けるだろう?故郷へ、行けるだろう。

アルバム「望郷」収録曲


「望郷」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

cinema staffの人気歌詞

cinema staffの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.