cinema staff「革命の翌日」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > cinema staff > 革命の翌日

cinema staff「革命の翌日」のジャケット画像

革命の翌日

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff

思えば遠く歩いてきたもんだ。
冬の寒さも忘れてしまったな。
白昼堂々、戦車が道を行く。
それを横目に彼女は決意する。

「私は濃霧のように誰かに寄り添いながら、涙を拭ってやりたい」

あの街の灯、鳴り響く鐘の音、全てを抱きしめて。
泣き笑って、汚れた顔のまま確かに息をしている。

鳥かごの中、争いは続いている。
その光景は報道されぬまま。

彼女は、手を大きく広げたらそれが合図と言った。
火傷の跡を隠すそぶりも無く、シュプレヒコールの中を飛んだ。

あの街の灯、鳴り響く鐘の音、
全てを手にいれた。
泣き疲れて、汚れた顔のまま静かに目を閉じる。

事実がフィクションに勝る、革命の翌日。

アルバム「望郷」収録曲


「革命の翌日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

cinema staffの人気歌詞

cinema staffの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.