cinema staff「世紀の発見」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > cinema staff > 世紀の発見 歌詞

世紀の発見 / cinema staff
Amazonで見る

「世紀の発見」歌詞

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff


悲劇の始まりを告げるアラーム。
ほら吹き男はひや汗をかいて。
「このまま世界を、未来の変化を知られないまま変えてしまえばいい!」
天才的な発明を思いついた。
 
どのぐらい待てばいい?
バラバラと音を立て、崩れていく方程式とレポート。
痺れてきたその脚。セメントで固めちまえ。
いい香りがしてきた、上手くいきそう。
 
今だ、蜃気楼になれ。僕は全てを汚したい。
…世紀の発見なんかは必要あるのかい?それって食えるの?
 
今から迎えに行くから待ってて。
何処に飛べば君に会える?
 
そうだ、航海士になろう。僕は何にも乱さない。
科学の発展なんかは必要ないのさ。歳を取っても。
 
このまま世界を、「昨日の変化も分からないまま変えてしまえばいい!」
なんてばかげた発想だ。

アルバム「望郷」収録曲


cinema staffの人気ランキング

cinema staffの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.