日々 歌詞 / 森山直太朗

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 森山直太朗 > 日々

森山直太朗「日々」のジャケット画像

日々

歌手:森山直太朗
作詞:森山直太朗・御徒町凧
作曲:森山直太朗・御徒町凧


ありふれた日々の中で 君は眠っていた
暗闇に影を潜めながら 明日を待ち侘びていた

色のない夢の狭間で 僕はしゃがんでいた
頼りない声震わせながら 数を数えていた

遠い日の 夕映えに染まるモノローグ
泣いている 泣いている心に 気付いていた

ありふれた日々を今はただ生きている 雲は流れる
ささやかな夢を描いてる 否が応でも

果てのない時の向こうへ 物語は続く
三叉路に暫し佇んだまま 揺れる木々を見てた

柔らかい 光のどけき春の予感
繰り返す 繰り返す景色に 隠れていた

古ぼけた地図の上をまだ歩いてる 行くあてもなく
鮮やかな瞬間を求めてる 束の間でも

ありふれた君と ありふれた僕の
色褪せた夢の欠片を 集めて合わせてみた

ありふれた日々を今はただ生きている 宙は広がる
ささやかな夢を描いてる 否が応でも

ありふれた日々がゆっくりと動き出す 動き始める
生温い風に誘われながら 君の方へと


アルバム「大傑作撰」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森山直太朗の人気歌詞

1 黄金の心おそらくここは いつか来た道だ
2 風曜日唐突に切られた電話 受話器の向
3 さくら(独唱)僕らはきっと待ってる 君とまた
4 生きとし生ける物へ生きとし生ける全ての物へ注ぐ光
5 あなたが眠る場所へ あなたが眠
6 太陽ちょっと一曲歌わせて 今訊(き)
7 時の行方〜序・春の空〜春の空ふと見上げて思った私の小
8 愛し君へいっそ 抱きしめて 抱きしめて
9 小さな恋の夕間暮れ南へと向かう 背中丸めた飛行船
10 高校3年生〜リミックス〜授業中気が付くと 君の背中いつ
森山直太朗の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.