森山直太朗「時の行方〜序・春の空〜」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 森山直太朗 > 時の行方〜序・春の空〜 歌詞

時の行方〜序・春の空〜 / 森山直太朗
Amazonで見る

「時の行方〜序・春の空〜」歌詞

歌手:森山直太朗
作詞:森山直太朗・御徒町凧
作曲:森山直太朗・御徒町凧


春の空ふと見上げて思った私の小ささを
今日も在るがまま為(な)すがまま赴(おもむ)くまま
この胸、風に添えて

雲を渡るは鳥の群
風に揺れるは花の弁(ひら)
月夜踊るは乱れ髪
水に映るは貴方の頬

永久(とわ)に響くは虫の声
寄せては返す波の詩(うた)
空に宿るは星の影
白に染まるは貴方の夢

このまま 色とりどりの季節(とき)にただ身を任せ
貴方に流れ着きたい 草花のように

一人漂う時の凪(なぎ)
天(あま)に架かるは虹の橋
胸を焦がすはなごり雪
今も聞ゆる貴方の唄

このまま 色とりどりの日々(とき)にただ身を任せ
貴方に流れ着きたい 今すぐ

このまま―
貴方に消えてしまいたい


爽健美茶CMソング


森山直太朗の人気ランキング

森山直太朗の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.