発端 歌詞 / cinema staff

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > cinema staff > 発端

cinema staff「発端」のジャケット画像

発端

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff


北の空から消えた雨音。
数え続けた羊の数は1万を超えたというのに、まだ眠れない。
あなたの声に耳をそばだて、その告白を黙って聞いていた。
断続的に光るビルの最上楷にいる夢を見た。
この街を見下ろしたのは誰のために?
あなたの声に耳をそばだて、その告白を黙って聞いていた。
あなたの声が頬をかすめて、この身体の中、静かに入ってきた。


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

cinema staffの人気ランキング

1 夏の終わりとカクテル光線少年は夢を見る。 歌う様に踊る
2 小さな食卓冬の寝室では、窓に文字を書いて
3 西南西の虹どれだけ揺すっても溶けない水と
4 A.R.D赤い視界の中。痛い思いはもうし
5 発端北の空から消えた雨音。 数え続
6 いらないもの電車の音。淀んだこの空の下。狭
7 望郷灯りを消したのは時計の針が二時
8 世紀の発見悲劇の始まりを告げるアラーム。
9 時計台時計台には今日も陽が昇り、デジ
10 日記その日常は当たり前すぎて、日記
cinema staffの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.