岩佐美咲「もしも私が空に住んでいたら」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 岩佐美咲 > もしも私が空に住んでいたら

岩佐美咲「もしも私が空に住んでいたら」のジャケット画像

もしも私が空に住んでいたら

歌手:岩佐美咲
作詞:秋元康
作曲:重永亮介

人目忍んだ道に疲れ果て
隠し通した夢から醒める
愛し合ってはいけないあなたを
宿の窓辺からそっと見送る

もしも私が空に住んでいたら
悲しみを集めて
雨を降らせるわ
人は誰でもずぶ濡れになって
いつかの青空を思い出すでしょう

月に一度の逢瀬(おうせ)を重ねて
手に入れたものは偽名と孤独
あなたが襖(ふすま)を静かに締めてく
そんな気遣いがため息になる

もしも私が空に住んでいたら
ふしあわせな人に
そっと 陽を射すわ
頬の涙は触れられないけど
自分のその指で拭う日が来る

出逢ったこと 愛したこと
そのすべては運命だと信じているけど…

もしも私が空に住んでいたら
悲しみを集めて
雨を降らせるわ
人は誰でもずぶ濡れになって
いつかの青空を思い出すでしょう

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

岩佐美咲の人気歌詞

岩佐美咲の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.