嵐(二宮和也)「それはやっぱり君でした」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 嵐(二宮和也) > それはやっぱり君でした

それはやっぱり君でした

歌手:嵐(二宮和也)
作詞:二宮和也
作曲:大知正紘

わかりやすくそう簡単に。
君も僕もわかるくらい簡単に。
伝えてみよう。
好きなんだよ。

影を重ねたあの場所のことや。
同じ時を歩きつないできたことや。
そんな時を全部変えて...

歌える様に、届く様に、君を迎えに行けたらな。。

僕にはわかるんだ、君のいる場所が。
まるで見えてるかのように、隣にいるように。
だから辛いんだ。わかっているから、どうしても行けないんだ。
「まだまだ頑張れ」ってそこから君は笑うから…。

君にご飯を作って。
君に好きなものをだして。
でも減らない。
…それにも慣れたよ。

今度うまく、作ったら。そんなわけないのに頑張ってみる。。

君には見えて、僕には見えない。
酔っぱらった勢いで「ずるい」と呟く。
どうかな? 僕はちょっとかわったのかな?
“だらしなくなってきた?”
窓風に乗って聞こえた。相変わらずだな…

優しく笑う君があの時間が空間が。
泣きたくなるくらい一番大事なものだよ。
何て言ってた頃は言えなかった。
…どうして言えなかったかな?
見上げた先のものより、君は君は...
今なら言える。

虹より君はキレイだ…。

アルバム「Popcorn」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

嵐(二宮和也)の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.