熊木杏里「私をたどる物語」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 熊木杏里 > 私をたどる物語

熊木杏里「私をたどる物語」のジャケット画像

私をたどる物語

歌手:熊木杏里
作詞:武田鉄矢
作曲:熊木杏里


頬をぶたれた 少年がひとり
日暮れの道で泣いている
父が憎いと声尖らせて
涙で歪んだ 空見てる

遠い未来が不安でならず
呼ばれて返事しなかった
だけどやっぱり 君が悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私にだけは
夢を話してゆくのです

君しか書けないその物語
私という名の物語

髪を切られた 少女がひとり
鏡の前で泣いている
母が嫌いと声を詰まらせ
自分を悔しく睨んでる

ちがう親から生まれていたら
ちがう自分になれたという
だけどやっぱり 君は違うよ
そしたら君は居なくなる

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私とだけは
ずっと仲良くするのです

君がたどってゆく物語
私という名の物語

ドラマ「3年B組金八先生part7」挿入歌
アルバム「風と凪 DISC凪」収録曲


「私をたどる物語」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

熊木杏里の人気歌詞

熊木杏里の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.