熊木杏里「シグナル」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 熊木杏里 > シグナル 歌詞

シグナル / 熊木杏里
Amazonで見る

「シグナル」歌詞

歌手:熊木杏里
作詞:熊木杏里
作曲:熊木杏里


あぁもう何にも考えたくない
失望 期待も出来なくなってさ
打算的な愛で書いた「人」なんていう字は
歪んだ顔をしている
 
好きと嫌いで奏でたメロディーは
大人になって歌えなくなってく
耳を塞いでも 鳴り止まなかった声に まっすぐだったんだ
過去が未来になるなら見たいんだ
傷を開くような願いだろうか?
大事だったはずなのに
素手で触れたはずなのに 自分にさえ掴まれない 今
 
まだ自分らしい欠片があるなら
記憶をたどって 集めに行きたい
守ることで 涙止めて 出られなくなってた
素直な顔が見たいな
 
白と黒で作るコントラストが
大人になって薄れてしまうのは
妥協や折り合う色が 混ざり合ってしまうから
心が見えなくなるんだ
今日と明日の境界線を超えて
通じ合う答えが出せるだろうか?
前を向いて行けるように
もう一度掴めるように 自分にうつむかないから 今
 
シグナルは届いた
灰色だったドアを出よう
 
好きと嫌いで奏でたメロディーは
大人になって歌えなくなってく
耳を塞いでも 鳴り止まなかった声に まっすぐだったんだ
過去が未来になるなら見たいんだ
傷を開くような願いだろうか?
ゆるぎのない感情が
ひとつ ひとつ溢れていた
自分に続いて行けるよ 今

アルバム「光の通り道」収録曲


熊木杏里の人気ランキング

熊木杏里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.