熊木杏里「一輪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 熊木杏里 > 一輪 歌詞

一輪 / 熊木杏里
Amazonで見る

「一輪」歌詞

歌手:熊木杏里
作詞:熊木杏里
作曲:熊木杏里


ねぇ「君みたいな花だね」って
そう あなたが言った
オレンジのガーベラを
一輪挿しにさした
 
過去がどんなに辛かったとしても
あなたにとってそうである
今を感じたい
 
探していたんだ こんな日々を
鏡に映った自分を優しいって思える
 
まだ知らないことがあるから
ねぇ 遠くへ行こう
隣で変わってく
姿を見ていて
 
時が過ぎ行き 歳をとって行っても
あなたにとって変わらない人でありたい
 
笑っていたいんだ 素顔のままで
負えない悲しみはもう 懐かなくていいように
 
願っているんだ 時計の針より
鏡に映った自分が証であるように

アルバム「なにが心にあればいい?」収録曲


熊木杏里の人気ランキング

熊木杏里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.