ジルバ「LAST BUS」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ジルバ > LAST BUS

LAST BUS

歌手:ジルバ
作詞:ジルバ
作曲:ジルバ

車の音がうるさ過ぎて 僕の鼻歌は風に紛れた
無常に鐘は鳴り響いた 胸の鼓動は張り裂けそう

きっと今夜 世界中で光が消え また生まれる
そう当たり前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じてた
待っていた

窓の日差しが眩し過ぎて 夢の続きはお蔵人りさ今日も
無意識に僕は声を上げ 無い物を探す旅に出た

きっと今夜 世界中で光が消え また生まれる
そう当たり前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じてた
待っていた

世界中で光が消え
そう当たり前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じてた
待っていた

いつか君と無限の空へ飛んでみたい
消えた星さえも見つかるかな
だから僕はずっと待ってる
最終バスが行ったバス停で
待っている

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ジルバの人気歌詞

ジルバの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.