ジルバ「KAZENINARE」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ジルバ > KAZENINARE

KAZENINARE

歌手:ジルバ
作詞:ジルバ
作曲:ジルバ


「時速200kmを越えたら風になる」
そう信じるお前を横目に夢のない奴らが物を語る
セナが笑うライトが呆れる
ペインペインペインジャペイン!
文字られるは我が国
感情表現無くしちまったら世も末無機質日本
感じない痛くない感じない痛くない
牙を出せ牙を出せ
喜怒哀楽を失うな
無意味に同化する事
それ自体バカらしいぜ

WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
蹴散らせ!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
貫け!

チャラチャラしたイミテーションのような
上っ面だけの空気
意志を持たないクラゲが浮かぶ
これが華の都大都市東京
温暖熱帯低気圧ライクアニッポン
やっぱりぴったり
昨今台風すら来ない
牙を出せ牙を出せ
喜怒哀楽を失うな
無意識に同化する事自体
バカらしいぜ

WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
蹴散らせ!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
貫け!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
拳を!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
貫け!

…夢を語れない化石のような大人ばかりだから、
夢は、もはやイコール睡眠の現代になっちまった。
揚げ句の果てには、熱く叫びを唱えるロックは時代錯誤だとさ。
異端児と言う言葉すら異端な世の中になっちまった。
変化を求め本質を見失った限界。
ならば、 ロックを掲げる者として普遍の強さ、
貫くってのを見せてやろうじゃないか。
叩かれるのには慣れてるからよ…

WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
蹴散らせ!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
貫け!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
拳を!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
WARNING!BURNING!
貫け!

WARNING!!!!!!!!

映画「クローズZERO II」劇中歌
アルバム「JITTERBUG」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ジルバの人気歌詞

ジルバの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

「クローズZERO II」関連情報

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.