長保有紀「風待港」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 長保有紀 > 風待港 歌詞

「風待港」歌詞

歌手:長保有紀
作詞:木下龍太郎
作曲:中村典正

船は千来る 万来る中で
貴方の船を こころ待ち
もしも港に 戻ったならば
嵐よ止むな しばらくは
時化(しけ)の間は とも綱解(と)かぬ
女は男の 風待港

冷えていたなら 温めてあげる
添い寝の肌で 夜明けまで
酒は人肌 呑ませてあげる
命の水を 好きなだけ
尽くすことなら 誰にも負けぬ
私は貴方の 風待港

離れたくない 心を知らず
いつしか凪(なぎ)の 空模様
次はいつかと 貴方に問えば
天気に聞けと 憎い口
船は出て行く 鴎は残る
女は男の 風待港


長保有紀の歌詞ランキング

長保有紀の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(9:56更新)

1 だいこくさま童謡
2 かなりや童謡
3 理想的パラドクスとはトゲナシトゲアリ
4 とんび童謡
5 人生日和川中美幸
すべて見る▶
ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.