松任谷由実「ジャコビニ彗星の日」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松任谷由実 > ジャコビニ彗星の日

ジャコビニ彗星の日 / 松任谷由実

「ジャコビニ彗星の日」歌詞

歌手:松任谷由実
作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実


夜のFMからニュースを流しながら
部屋の灯り消して窓辺に椅子を運ぶ
小さなオペラグラスじっとのぞいたけど
月をすべる雲と柿の木ゆれてただけ

72年 10月9日
あなたの電話が少いことに慣れてく
私はひとりぼんやり待った
遠くよこぎる流星群

それはただどうでもいいことだったのに
空に近い場所へでかけてゆきたかった
いつか手をひかれて川原で見た花火
夢はつかの間だと自分に言いきかせて

シベリアからも見えなかったよと
よく朝弟が新聞ひろげつぶやく
淋しくなればまた来るかしら
光る尾をひく流星群


アルバム「SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-」収録曲


松任谷由実の歌詞ランキング

1 遠雷黙ったまま流れる午後 窓つたう雫 冷めたカップ
2 Good! MorningSong bird かごの中 きみは歌を忘れてる Wake up!
3 あなたと 私とすれ違った瞬間 風が止まった ふと立ち止まって
4 気づかず過ぎた初恋いつのまにか それは私の胸に そっと舞い降りて
5 ANNIVERSARYなぜこんなこと 気づかないでいたの
6 冬の終り帰り仕度の教室で ふいに手紙を渡された いつから
7 あの頃のまま6時のターミナルで ふりむいたきみは 板に付いた
8 恋人がサンタクロース昔 となりのおしゃれなおねえさんは クリスマスの日
9 深海の街夜の海を泳ぐ 君は何処へと辿り着くの 月は青く揺れる
10 月までひとっ飛び月までひとっ飛び あなたへひとっ飛び
松任谷由実の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.