松任谷由実「残されたもの」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松任谷由実 > 残されたもの 歌詞

残されたもの / 松任谷由実
Amazonで見る

「残されたもの」歌詞

歌手:松任谷由実
作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実


荒野かけぬける 風の音を聞いて
冬の訪れをじっと感じていた
 
とばりはゆっくりと
山のすそまで降りて
 
またひとりだけの時が始まった
またひとりだけの時が始まった
 
明日目覚めたら 枝の病葉さえ
きっと銀箔の空を旅してゆく
 
最後に残された
何かが解かれるように
 
もう捨てるものは何もなくなる
またひとりだけの時が始まった

アルバム「SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-」収録曲


松任谷由実の人気ランキング

松任谷由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.