松任谷由実「かんらん車」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松任谷由実 > かんらん車

かんらん車 / 松任谷由実

「かんらん車」歌詞

歌手:松任谷由実
作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実


すいた電車が住宅街ぬけて
ひとしきり冬枯れをふるわす
あとに残った ひとりの足音は
川辺りの遊園地をたどる

さびついたかんらん車に腰をおろせば
ゆるやかに空は巡りはじめ
あなたの住むあたり広がってゆく
さよならが無性に恐かった
はりつめた想いが遠くなるの

いつしか雪が静かに舞いながら
チャコールの下界へと流れて
きっとあなたは窓の外を見てる
あのひとの肩を抱きよせて

つぎつぎと飛行船もゲームも止まり
粉雪が空を埋づめてゆく
終わりの暗示には美しすぎる
私だけ 冬空の旅人
地上に戻る頃 世界が止まる


アルバム「SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-」収録曲


松任谷由実の歌詞ランキング

1 1920アネモネ色の溜息 落とし 宵の靄が歩きだす
2 BLIZZARDBlizzard, Oh! Blizzard 包め世界を
3 冬の終り帰り仕度の教室で ふいに手紙を渡された いつから
4 春よ、来い淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花
5 Bueno Adios離れゆく船 白い航跡 丘にすわって 見てる 熱い口づけ
6 ジャコビニ彗星の日夜のFMからニュースを流しながら
7 星のルージュリアン何が彼女を変えさせた あでやかなルージュ
8 残暑日傘をさし 土手を歩く 白い小さな イリュージョン
9 あなたに会う旅セーターで拭いたガラスを流れる景色
10 愛と遠い日の未来へ (Album Version)思い出してごらんよ 幼い日 胸をふるわせた
松任谷由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.