佐野元春「日曜日は無情の日」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 佐野元春 > 日曜日は無情の日 歌詞

日曜日は無情の日

歌手:

佐野元春


作詞:佐野元春
作曲:佐野元春

若葉の頃
背に白い帆を結んだ彼女は
靴をボロボロにして
くだらないしきたりをカーペットにして
楽しみを探している
ゆったりとしたまばたき
粗いセーターをまとう彼女の精神は
きれいでも空っぽでも
いずれみんなの知るところ
無駄使い
でも気にしない
彼女の言葉は、使い古され
すり減り、捨てられ
とことんまで誘惑された
というのも
世界が絶望しているから
僕は動じなかった
僕は彼女を一瞬 満足させた
始めから終わりまで
すき間というすき間を埋めた
ある時彼女は知った

日曜日は無情の日
前ぶれも あいさつもなく
問いと答えが逆になる

数字の二は一たす一に
インクは水と植物に
コップは砂と炎に
闇は眠りと夢に
波は風と鼓動に
オムレツは卵と太陽に

そして彼女は 無に戻る
いつも新しい 彼女の無
芝のように強く
夏のように呼吸する
立ちどまることもできるし
忘れることもできる
無のために働きもし
無のために踊りもする

日曜日は無情の日
前ぶれも あいさつもなく
問いと答えが逆になる

アルバム「BEATITUDE-In motion 2003-増幅」収録曲


「日曜日は無情の日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

佐野元春の人気歌詞

1 約束の橋君は行く 奪われた暗闇の中にとまどいながら 君は行く
2 ベルネーズソースおれたちの住んでいる世界は、
3 再び路上で時はハチミツ まとわりつくからスピード
4 呼吸目覚めた後に訳もなく 涙に濡れてしまう時
5 彼女が自由に踊るとき麻のドレスで この街のプリティーフェイス
6 ああ、どうしてラブソングはああ、どうしてラブソングは
7 Sleep少年の頃 ハチの巣にもぐりこみ ハチを抱いて眠った
8 完全な製品朝起きて、レコードを聴く
9 月と専制君主眠りにつく あの専制君主の目を盗み 今がチャンスだぜ
10 君がいなければつかのまの陽ざしのなか ホコリだらけの街を歩く
佐野元春の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

明るい方へ
矢野絢子

♪シャボンの泡に包まれて どこま
LEFT BANK [左岸]
高橋幸宏

♪この河はいつからか 水が流れて
花の名 / BUMP OF CHICKEN
花の名
BUMP OF CHICKEN

♪簡単な事なのに どうして言えな
かあさんへ
吉幾三

♪あなたの背中で… かあさん あな
朝が来るまでに / SANISAI
朝が来るまでに
SANISAI

♪「朝が来るまでここにいよう 始
天草の女〜天草小唄入り〜
原田悠里

♪船が出る度 泣きじゃくる 女も昔
LOOK OF LOVE
高橋幸宏

♪夕暮れはそっと 僕に 降りてきて
悲しみがとまらない
杏里

♪I can't stop The Loneliness こ
それは、君
GAO

♪星のないこの町で 出会った君の
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.