角川博「宿時雨」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 角川博 > 宿時雨

宿時雨

歌手:角川博
作詞:木下龍太郎
作曲:花笠薫

灯火(あかり)落とせば 見えないものを
女ごころの 宵化粧
別れ一夜(ひとよ)の
窓に降り出す 宿時雨(やどしぐれ)
情(じょう)があるのか 箱根の雨は
つらい二人に 貰(もら)い泣き

肌が馴染んだ 愛され方に
負けて浴衣の 袖を噛む
漏(も)れる吐息を
隠すやさしい 宿時雨
腕を枕に 箱根の夜は
燃えて死にたい 叶うなら

乱れ黒髪 ひと筋抜いて
そっと貴方の 指に巻く
名残り一夜(ひとよ)の
窓に夜通し 宿時雨
どうせ降るなら 箱根の朝は
いっそ遣(や)らずの 雨になれ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

角川博の人気歌詞

角川博の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.