服部浩子「小倉恋ごよみ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 服部浩子 > 小倉恋ごよみ

小倉恋ごよみ

歌手:服部浩子
作詞:松井由利夫
作曲:叶弦大


夜の帳(とばり)が 裾野(すその)を包む
入日(いりひ)がにじむ 小倉山
逢いみての 恋しさ 切なさに
紅(べに)をさす 指を噛む
……ああ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
焦(こ)がれて一人 今日も 恋人(きみ)を待つ

その場繕(つくろ)う 戯(たわむ)れならば
解(ほど)かぬものを 黒髪を
村雨(むらさめ)の 白露(しらつゆ) 槙(まき)の葉は
秘めごとの うつし絵か
……ああ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
三十一(みそひと)文字に 熱く 綴る文(ふみ)

絹の褥(しとね)を 手さぐりながら
残り香(が)しのぶ 七日月(なのかづき)
瀬を早み 流れる 水音に
夢ならば 夢でいい
……ああ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
明日(あした)は叶う 花の 恋ごよみ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

服部浩子の人気歌詞

服部浩子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.