ジン「薄夕湖」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ジン > 薄夕湖

薄夕湖

歌手:ジン
作詞:ジン
作曲:ジン

湖面をたゆたう薄夕の風は
石混じりの砂へ透明な波を送る
それは、この目で見る限りは、
一分の狂いも無く。

「Re:Re:Re:Re:」 「Re:Re:Re:Re:」
この涙が幾度、流れようと、
海に変わることもなく。

裸の足で砂地から水へ
首まで浸って そのまま遠くへ
強いのは誰?
弱いのは、誰?
やがては風はここに留まり。

「Re:Re:Re:Re:」 「Re:Re:Re:Re:」
垣間見たこの瞬間の景色が、
鮮やかで…心、解ける。
「Re:Re:Re:Re:」 「Re:Re:Re:Re:」
この体が幾度、旅立とうと、
砂に成り風になる。

朱色に染まるあの太陽が
真正面、言葉を投げかけるように
泣きぬれた、体を射す。

この世の全てを許す光
この世の全てを包む光

君に太陽の祝福を
目を細めて君が笑う姿を
君に太陽の祝福を
目を細めて君が笑う姿を

今までとこれからを通り過ぎ
その、最後の日まで。

アルバム「レミングス」収録曲


「薄夕湖」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ジンの人気歌詞

ジンの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.