トゲナシトゲアリ「視界の隅 朽ちる音 (新川崎(仮))」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > トゲナシトゲアリ > 視界の隅 朽ちる音 (新川崎(仮)) 歌詞

視界の隅 朽ちる音 (新川崎(仮)) / トゲナシトゲアリ
amazon検索

「視界の隅 朽ちる音 (新川崎(仮))」歌詞

歌手:トゲナシトゲアリ
作詞:大濱健悟
作曲:大濱健悟

絶え間なく混ざる交差点で
僕らは何を手にしていた
上辺だけの言葉達が
こだまして削り合った

流れ星が落ちてきたら
全部吹き飛ばしてしまう
戯言
何も変われなかった

そうやって 知らないフリで
僕ら手が汚れないように
視界の隅 崩れてゆく夢のかけらも
気づかないフリして 聞こえないフリして
ほら 過ぎてゆく

正しさの渦と 流れてく街を
プカプカ浮かんでどこにゆこう
行き着いた先で笑えるなら
手を繋ごう 夢じゃない

灰になった後で ようやく気づいて
願いはいつまでも届かない
変わり続けるこの世界で
僕ら 何を浮かべようか

何を掲げようか

そんなはずはないと願った
目を細めて見えた全て
ぼんやり光る月みたいに
なんとなく歩けそうで

存在を求めていたのは
僕じゃなくて君なんだろうか
内側
裏返しの世界で

逃げていくその声は
何を探して旅に出たの
丁寧に並べていたほんとの言葉
あっけなく壊して 確かに聞こえてたのは
涙の落ちる音

ざわめきの中で 僕らは描いた
濁る海で咲く花の色を
朽ちたこの空に手を伸ばす
ここに居る 僕らは

一ページ先の 未来を願って
閉じた時を 手繰り寄せてゆく
変わり続けるこの世界で
僕ら 何を浮かべようか

何を掲げようか
君に会えるだろうか
全て終わる前に
この指で 描いていこう


トゲナシトゲアリの歌詞ランキング

トゲナシトゲアリの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(8:42更新)

1 かなりや童謡
2 ルルAdo
3 Dragon Soul谷本貴義
4 アンコールYOASOBI
5 駄叉jo0ji
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.