Tele「カルト」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > Tele > カルト 歌詞

カルト / Tele
amazon検索

「カルト」歌詞

歌手:Tele
作詞:谷口喜多朗
作曲:谷口喜多朗

神様なんていないだとか
信じたいとか、日々気楽だった。
縋る様に抱えるラジカセと
例年通り異常気象、夏。

信じたものは何ですか?
信じ切るのは誰の為ですか?
国道沿いが、滲んでった。
息を吐いてる。

くだんね、くだんね、くだんないね、全部。
降って、降って、笑ったんだよ、全部。
くだんね、くだんね、くだんないね、全部。
いつかとなにかを死んだ脳で待ってる。
それだけ。

信じたものの大半が
“信じてた”に名札を付け替えた。
多分、きっと知らせはあった。
孕んだポストに。

瓶詰めされた本心は、
安い塩と油でマリネした。
よくある味で食べやすいな。
苦手な方は是非!

腫れ物になる暇などないから、
自分の手で潰してゆけ。
だけど全てが跡に残った。
黙って泣いて、生きてたって
そんなの虚しいだけ。
わかってたんだろ。

漂わないよ、もう。
彷徨わないよ。
僕は僕を信じてんだ。
こりゃ、カルトだってもう!
ばらけた自尊心と
AM5:00発、切符持って
僕は僕に問いただしてんだ、
覚悟あんだろ?

夏の夜が過ぎてく。僕は愛を待っている。
夏の夜は過ぎてく。ただ、ただ、ただ。

夏の夜が過ぎてく。僕は愛を待っている。
夏の夜は過ぎてく。ただ、ただ、ただ。

皮膚を剥がして、ifを躱して、溺れて喘いで生きている。
運命なんて、聞きたかないね、二重螺旋の濁流で。
沈んで、沈んで、
変わんないね、全部。
くだんね、くだんね、くだんないね、全部。
ずっと。

信じたものは何ですか?
信じ切るのは誰の為ですか?
神様なんていなかった、信じなくちゃいけない僕だった。
嘲笑いを置いていけ!
昨日はとっくに神話さ。

漂わないよ、もう。
彷徨わないよ。
僕が僕を信じちゃったんだ。
カルトなんだよ!
馬鹿げた理想論も、
否定で歪んだ言葉を研いで、
風の腹を掻っ捌いたんだ。
覚悟あんだろ。

漂わないでよ。彷徨わないでよ。
君が君を信じちゃったんだ。
何が悪いんだろう!
継がれた自尊心も、ここじゃないどこかへ向かう切符も、
君が君に用意してんだ。
ほらカルトなんだよ。

夏の隅を這ってく、僕が愛になってやる。
夏の隅を這ってく、ただ、ただ、ただ。

夏の隅を這ってく、僕が愛になってやる。
夏の隅を這ってく、ただ、ただ、ただ。

今は、ただ、ただ。


Teleの歌詞ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(7:53更新)

1 フランネルmol-74
想いは吐き出してみても 薄くな...
2 Φ12mol-74
光の中にいたい いつかすべて忘...
3 鬼灯神山羊
朝には忘れてしまう 朧に隠れた...
4 Make It Out AliveONE OK ROCK
Run away run away run away You...
5 炎神ファーストラップ -Type Normal-Project.R(谷本貴義・Sister MAYO・大石憲一郎) with 炎神キッズ
炎神ナンバー1 ぶっちぎれスピー...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.