大泉洋「手漕ぎボートは海をこえて (ALL TIME BEST ver.)」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 大泉洋 > 手漕ぎボートは海をこえて (ALL TIME BEST ver.)

手漕ぎボートは海をこえて (ALL TIME BEST ver.) / 大泉洋
amazonで買う

「手漕ぎボートは海をこえて (ALL TIME BEST ver.)」歌詞

歌手:大泉洋
作詞:大泉洋・鈴井貴之
作曲:大泉洋

覚えてますか、
あなたが僕についた初めての嘘を。東京の真ん中で。
覚えてますか、
あの日あなたが振った運命のダイスで僕らの旅が始まった。

眠れぬ夜を越えて。誰かが捨てたガラクタ集めて
荒れた大地を拓き。あなたの背中追いかけた。

あー何も恐れずに、明日を信じてた僕は
深夜のバスに乗って、遠い街へと走り出した。
あー迷う事もなく。旅をしていたあの時間
沈まず輝いてた あの夕陽は今も胸に。

思い出すのは、最後の走り。
タイヤ潰れても走った、終わらせないため。
思い出すのは、ミラーに映る君のオレンジの姿が、
大きくなった気がした。

暗闇に身を潜め、緑の視線、恐れを感じた。
夜が明けても寒い、窓が少し開いていた。

あー、舵を誤って、流れに翻弄された日々や
いつも騙してばかり、遥か彼方で彷徨った。
あー、頼りない仲間、何度もぶつかりもしたのに
いつでも笑っていた。これからも続く旅路。

覚えてますか。
あなたが僕に言ったあの日の言葉を。
大好きなこの街で。
新しい海に、旅立つ勇気くれたあの日の言葉を
忘られぬ言葉を。

あー臆病だった僕は 大きな船を降りて
手漕ぎボートに乗って、広い海へと漕ぎ出した。
あー恐れることはない。帰る岸はいつもここにある。
その景色焼き付けて このボートは海をこえて。

地平線のその向こうへ。


アルバム「YO OIZUMI ALL TIME BEST」収録曲


大泉洋の歌詞ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 手漕ぎボートは海をこえて (ALL TIME BEST ver.)覚えてますか、
大泉洋の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(17:39更新)

1 太陽の下レミオロメン
ぼんやり日が落ちて 輝く星 太陽...
2 faraway倖田來未
So faraway 何かに迷って 自分だ...
3 Pale Blue米津玄師
ずっと 恋をしていた これでさ...
4 vivi米津玄師
悲しくて飲み込んだ言葉 ずっと...
5 春はもうすぐ山本彩
どうして 泣いてたんだろう 笑っ...
すべて見る▶

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.