大泉洋「ふわり」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 大泉洋 > ふわり

ふわり / 大泉洋

「ふわり」歌詞

歌手:大泉洋
作詞:TAKURO
作曲:TAKURO

Only Lonely One 真冬の花火を
曖昧な僕ら ただ見上げていた
心通わせた日々よ目の前のキミが好き

漂いながら生きてきた 夢もなく気もそぞろ
出会いと別れ繰り返し
わかったような わからないような

ふわりふわりと綿帽子
長い冬が過ぎ大地が息づく
こんな暖かい日には故郷(こきょう)の春を想う

旅立つ僕を見送った親(あなた)を覚えている
ひまわりがそっと揺れてた
それは優しく励ますように

ゆらりゆらりと影法師 東京の春を歩く

大いなる川の流れに理由(わけ)などは求めない
ただこの小さな掌
離さぬように 離さぬように

Only Lonely Love ビル越しの虹を
悲しみの愛で ただ見つめていた
ひとつ ひとつだけ言える
目の前のキミが好き

今も変わらずに言える目の前のキミが好き


大泉洋の歌詞ランキング

1 ふわりOnly Lonely One 真冬の花火を 曖昧な僕ら
2 あの空に立つ塔のように空が広く見える街で 僕らは出会った
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.