ヨルシカ「雪国」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > ヨルシカ > 雪国 歌詞

雪国 / ヨルシカ
amazon検索

「雪国」歌詞

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna

国境の長いトンネルを抜けると雪国は
底冷えの夜の静けさを白く帯びている
雪景の古い街並みを横目に雪国は
貴方との春の思い出がただ蔓延っている

僕の躊躇いが月に被さってまるで海の底ね
ぼうと座って水面に映った僕らを見ている

食卓と長い小節を跨いで雪国は
花韮の花の静けさをただ嗅ぎ取っている

貴方の涙風に舞い散ってまるで春の中ね
ぼうと座ってスープに映った僕らを見ている

僕らの憂いが日々日々積もってまるで雪の国ね
どうか躊躇って 貴方も想って
雪が溶けるまで
愛が解けるまで

国境の長いトンネルを抜けると僕たちは
底冷えの夜の静けさを白く帯びていた


アルバム「幻燈」収録曲


ヨルシカの歌詞ランキング

ヨルシカの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(0:52更新)

1 Delete My Memories三浦大知
2 いつか離れる日が来ても平井堅
3 YOU三浦春馬
4 Size Upひだまり
5 逃げ水乃木坂46
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.