ヨルシカ「さよならモルテン」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > ヨルシカ > さよならモルテン 歌詞

さよならモルテン / ヨルシカ
amazon検索

「さよならモルテン」歌詞

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna

借りた本を片手に持って
川沿いの歩道を行く
読み終わりまであと2ページ
その先が知りたくない

鳥に乗って旅する少年
どこまでも北へ行く
相棒はガチョウのモルテン
そんな小説を読む

さよならモルテン
いつも僕らは飛ぼうとしていた
腕を開いて、高く跳ねた
何も起こらない癖に

さよならモルテン
君は転がりながら笑った
土の匂いが少し香る
胸が詰まりそうになる
夏が来ていた

悲しみって資産を持って
夏前の道を行く
読み終わりまであと2ページ
まだ先が知りたくない

少し伸びた背丈を追って
いつもの丘へ駆ける
空を飛んだガチョウみたいに
僕らは腕を開く

さよならモルテン
僕らそれでも飛ぼうとしていた
実は自分が特別じゃないとただ知りたくないだけで
さよならモルテン
君は転がりながら笑った
大人になっていくことを
少しも知らない顔で
夏が来ていた

また一つ背が伸びる
いつしか遠くなる
少しずつ離れてく
別れた枝のよう

褪せた本を片手に持って
懐かしい道を行く
あの丘まで数百歩
誰かがそこにいる

さよならモルテン
君は今でも飛ぼうとしていた
目は煌めいて、あの頃と何も変わらないままで
さよならモルテン
僕ら飛べないことが愛おしいとわかる気がして
少し香る 胸が詰まりそうになる
君が見ていた
笑う顔も一つも褪せないままで
夏が来ていた

褪せた本を片手に持って
川沿いの歩道を行く
読み終わりはあと1ページ
最後の紙を捲る
さよなら、モルテン


アルバム「幻燈」収録曲


ヨルシカの歌詞ランキング

ヨルシカの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(19:02更新)

1 Rolling Rolling RollingLittle Glee Monster
2 かなりや童謡
3 水あそび童謡
4 夏の雪krage
5 帰り路idom
すべて見る▶
ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.