鳥羽一郎「エデンを遠く」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鳥羽一郎 > エデンを遠く 歌詞

エデンを遠く / 鳥羽一郎
Amazonで見る

「エデンを遠く」歌詞

歌手:鳥羽一郎
作詞:武田鉄矢
作曲:中牟田俊男

休みませんかほっと妻の声 腰を叩いてふっと空仰ぐ
二人で食べる分だけの 野菜畑はやっと春
つめ草の上に腰おろし 熱き紅茶を手で包む
エデンの園を遠く離れて 我ら老いたるアダムとイブか
妻は微笑みリンゴ剥く 赤きリボンをそっとほどくよに
 
たがやす畑夫婦二人きり ザルいっぱいのやっと実りでも
たとえ曲がった胡瓜でも 育てたものは愛おしく
春をたがやし夏を待つ 話すこともない昼休み
サクリサクリとリンゴを喰えば 我ら老いたるアダムとイブか
妻は微笑み指をさす ジャガイモの花そっと見つめては
 
こんな歳までまだ働いて 楽が出来ないきっとバカなのだ
百姓暮らしの気楽さは 汗かくたびに飲む水の
どんな酒より美味くって ビール一杯が幸せで
エデンの園はここかもしれぬ 我ら老いたるアダムとイブか
妻と互いに杖代わり 手で支え合うさぁあ帰り道
人という字の 帰り道

鳥羽一郎の人気ランキング

鳥羽一郎の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.